Posts Issued on February 1, 2022

posted by sakurai on February 1, 2022 #450

だいぶ前の記事ですが、テストベンチのBSVと、モジュールのBSVからVerilogを生成し、Verilogシミュレーションを実施しました。BSVではテストベンチにおいてクロックとリセットが自動生成され、暗黙的にモジュールに供給されます。一方、Verilogでは明示的にテストベンチにクロックとリセットを供給する必要があります。前の記事では、テストベンチ内にその処理を行う記述をインクルードする方法を用いました。

ここでは、最上位からそれらの信号を供給する手法をとります。これにより、よりスマートにVerilogシミュレーションが実行できます。まず、原始最上位ファイルを用意します。最上位からはテストベンチを呼び出しています。

最上位ファイル:mkTop.v

module mkTop () ;
   /*AUTOREGINPUT*/
   mkTb Tb_inst(/*AUTOINST*/);
  initial begin
    RST_N = 1'b0;
    #30;
    RST_N = 1'b1;
  end
  initial begin
    CLK = 1'b0;
    forever begin
       #5 CLK = ~CLK;
    end
  end
endmodule // mkTop  

これに対して、Verilog-modeのオートコネクションコマンドであるC-c C-aを用いてポートの追加を行えば、

最上位ファイル:mkTop.v

module mkTop () ;
   /*AUTOREGINPUT*/
   // Beginning of automatic reg inputs (for undeclared instantiated-module inputs)                
   reg                  CLK;                    // To Tb_inst of mkTb.v                            
   reg                  RST_N;                  // To Tb_inst of mkTb.v                            
   // End of automatics                                                                            
   mkTb Tb_inst(/*AUTOINST*/
                // Inputs                                                                          
                .CLK                    (CLK),
                .RST_N                  (RST_N));
  initial begin
    RST_N = 1'b0;
    #30;
    RST_N = 1'b1;
  end
  initial begin
    CLK = 1'b0;
    forever begin
       #5 CLK = ~CLK;
    end
  end
endmodule // mkTop              

のように、テストベンチに対してクロックとリセットが接続されます。

最上位、テストベンチ、モジュールを結合した実行ファイルを生成します。エラーが出ることもなく実行ファイルが生成され、実行ファイルによりVerilogシミュレーションを実行すれば、

\$ iverilog mkTop.v mkTb.v mkFibOne.v -o mkFibOne.exev
\$ ./mkFibOne.exev
1
1
2
3
5
8
13
21
34
55
89
144
233
377
610
987
1597
2584
4181
6765
10946

このように、正しくVerilogシミュレーションが行われ、前記事と同じ結果となります。


左矢前のブログ 次のブログ右矢