Article #527

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
We may make changes and additions to blogs already published.

PMHFの誤解(7)

posted by sakurai on October 11, 2022 #527

過去記事で財団法人日本電子部品信頼性センター発行の「平成26年度 電子部品信頼性調査研究委員会 研究成果報告書」におけるPMHF式の誤りを指摘しました。それは例のPMHF式の誤り論文$\dagger$から来ているものでした。

指摘した記事の最後に、

もっとも$\lambda_\text{SPF/RF}$がゼロならDPF項は必ず100%ですが、そもそも$\lambda_\text{SPF/RF}$がゼロという点が信じられません。その理由はDPF項は経験的に3%未満だからです。

とありますが、なぜ$\lambda_\text{SPF/RF}$がゼロになるかの原因を調べました。すると驚くべきことが分かりました。全てのフォールトがMPFに分類されているため$\lambda_\text{SPF/RF}$がゼロとなっています。この「研究成果報告書」の当該部分を図527.1に示します。

図%%.1
図527.1 「研究成果報告書」の表

弊社で黄色い囲み線を加えましたが、全てのフォールトがMPFとなっていますが、本来はRFのはずです。このようになった理由を調べたところ、当該の表の前に
図%%.2
図527.2 「研究成果報告書」の引用

との記述がありました。通常SMが付いている回路がほとんどなので、この記述に従えば全ての回路のRFがゼロになってしまいます。これは故障分類の誤りであり、「安全機構が定義されている場合...残存フォールトは0になる」という記述では、いかなるSMでもカバレージは常に0%になってしまいます。

安全機構がある場合、一旦取り除いて考えるのが機能安全の基本です。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax. If you include an ad such as http://, it will be invalidated by our AI system.

Please enter the numbers as they are shown in the image above.