Posts Tagged with "PMHF"

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
We may make changes and additions to blogs already published.

Detectabilityの違い(2)

posted by sakurai on January 31, 2022 #449

ここまでRAMS 2020論文と2022論文をレビューしてきて、ポイントは1st SMと2nd SMのdetectabilityの違いで結果が変わることがわかります。それを以降でまとめます。

RAMS 2020論文

以下の表はRAMS 2020論文において、IFのfaultがSMにより検出されるかどうかを示しています。なお、1st SMのfaultは常にdetectableです。その時のDCは$K_\text{SM,MPF}$。

表449.1 RAMS 2020のDetectabilityの表
IF non-detectable (IFU) Partialy detectable (IFR)
1st SM IF non-detectable ($K_\text{IF,det}=0$)
2nd SM IF non-detectable ($K_\text{IF,MPF}=0$) IF detectable ($K_\text{IF,MPF}>0$)
PMHF equ. RAMS 2020 $(1-K_\text{IF,RF})\lambda_\text{IF}+2K_\text{IF,RF}\alpha$
(19), (221.9), (447.2)
$(1-K_\text{IF,RF})\lambda_\text{IF}+2K_\text{IF,RF}\beta$
(22), (222.9), (447.1)

$K_\text{IF,det}=0$(かつ$K_\text{IF,RF}=1$)のみなので、冗長時のみを考えておりあまり良くありません。$K_\text{IF,det}=1$も考える必要があります。

RAMS 2022論文

さらにRAMS 2022では$K_\text{IF,det}=1$を検討しました。特にMPF detectedを従来のLFと同一視するのではなく、SFとしました。そのためPMHF結果式も変わってきます。

ここで、1st SMがIF detectableであれば、そのDC(カバレージ)は$K_\text{IF,RF}$であり、一般に2nd SMまでは設置しないと思われます。逆に言えば2nd SMが必要なのは、1st SMのDCがゼロの時、つまりIF non-detectable ($K_\text{IF,det}=0)$であり、すなわち1st SMが主機能代替機能を持ついわゆる冗長の場合となります。

表449.2 Detectabilityの表($K_\text{IF,det}=1$を追加)
IF non-detectable (IFU) Partialy detectable (IFR) Fully detectable
1st SM IF non-detectable ($K_\text{IF,det}=0$) IF detectable ($K_\text{IF,det}=1$)
2nd SM IF non-detectable ($K_\text{IF,MPF}=0$) IF detectable ($K_\text{IF,MPF}>0$) -

次に1st SMがIF non-detectable ($K_\text{IF,MPF}=0$)であれば、2nd SMはIFフォールトのレイテント防止のため、なにがしかのDC(検出率、カバレージ)を持つと考えられます。上記表はそのDCがゼロの場合はIFUモデル、ゼロでない場合はIFRモデルとしましたが、そのDCを$K_\text{IF,MPF}$で表し、ゼロの場合と非ゼロの場合をまとめ、かつRAMS 2020及び2022のPMHF式を追加すれば、以下の表となります。

表449.3 DetectabilityとPMHF式の表
Partialy detectable (IFU/IFR) Fully detectable
1st SM IF non-detectable ($K_\text{IF,det}=0$) IF detectable ($K_\text{IF,det}=1$)
2nd SM Partialy detectable ($K_\text{IF,MPF}>=0$) -
PMHF equ. RAMS 2020 $(1-K_\text{IF,RF})\lambda_\text{IF}+2K_\text{IF,RF}\beta$ $(1-K_\text{IF,RF})\lambda_\text{IF}+\color{red}{2}K_\text{IF,RF}\alpha$
PMHF equ. RAMS 2022 $(1-K_\text{IF,RF})\lambda_\text{IF}+K_\text{IF,RF}\alpha$

  • RAMS 2020では$K_\text{IF,det}=0$のみを検討したため、$K_\text{IF,det}=1$は薄墨色としています。
  • 1st SMがfully detectable ($K_\text{IF,det}=1$)において、RAMS 2022のPMHF値のDPF部分が$\frac{1}{2}$になっているのは、RAMS 2022においてMPF detectedの定義を変え、レイテントではなく完全にリペアラブルとしたためです。SMがレイテントになる部分はそのままですが、IFがレイテントになる部分が全て修理されるとしたため、半分になっています。

左矢前のブログ 次のブログ右矢


ページ: