Article #420

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
We may make changes and additions to blogs already published.

敵弾の貫通度の修正

posted by sakurai on June 15, 2021 #420

Youtubeの動画の分析

この動画を観察すると、バリケード(シールド)への貫通度が、敵弾の種類によって異なるように思われます。

下図は左端のインベーダからT字型(Plunger)の敵弾が発射されたところです。

図%%.1
図420.1 敵弾1

敵弾が左端のバリケードに着弾しました。深く潜って(貫通度=+7)爆発しています。

図%%.2
図420.2 敵弾1爆発

同じく左端のインベーダからジグザグ型(Squiggly)の敵弾が発射されたところです。

図%%.3
図420.3 敵弾2

敵弾が左端のバリケードに着弾しました。浅く潜って(貫通度=+3)爆発しています。明らかに敵弾の種類により貫通度が異なっています。

図%%.4
図420.4 敵弾2爆発

動画を観察した限りでは、T字型の敵弾が+7、他の敵弾は貫通度=+3で爆発するようでした。一方、最下端では+7で爆発するようなので、バリケードで爆発する際にのみ、貫通度(penetration distance)を設定することにします。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax. If you include an ad such as http://, it will be invalidated by our AI system.

Please enter the numbers as they are shown in the image above.