Article #182

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
Even in the already published blog, we may modify and add appropriately.

確率論(5)

posted by sakurai on November 15, 2019

前記事の図181.1を生成したコードは以下のようなもので、i番目の部品が稼働していたら(life[i]==1)サイコロを振り、故障率で示される範囲に入っていたら故障とする(life[i] = 0)ものです。そのときの稼働時刻t-1を(tは不稼働時刻であるため)FFOTに格納します。

for (t = 0; t < TIMEMAX; t++) {
    for (int i = 0; i < IMAX; i++) {
        if ((life[i] == 1) && (genrand_real1() < lambda)) {
            life[i] = 0; // death
            ffot[i] = t-1;
        }
    }
}

コードを見るとわかるようにどこにも指数関数は使用していませんが、前図181.1のように指数分布になります。このことは過去記事(#1#5)でも解説しているように、簡単に示すことができます。ここで故障率$\lambda$は定数とします。

$$ R(t+1)-R(t)=-\lambda\cdot R(t)\\ \lim_{\Delta t\to 0}\frac{1}{\Delta t}\cdot[R(t+\Delta t)-R(t)]=\frac{dR(t)}{dt}=-\lambda\cdot R(t)\\ -\lambda=\frac{1}{R(t)}\frac{dR(t)}{dt}=\frac{d}{dt}\ln R(t)\\ -\int_{0}^{t}\lambda dx=-\lambda t=\ln R(t)+C\\ \therefore R(t)=e^{-\lambda t-C}=e^{-\lambda t}\\ $$ このように故障率を一定として微分方程式を立て、積分して分布関数を求めると、上記のように信頼度が求まります。不信頼度(CDF, 累積分布関数)は以下のようになります。 $$ F(t)=1-R(t)=1-e^{-\lambda t} $$


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax.

Please enter the letters as they are shown in the image above.
Letters are not case-sensitive.