Posts Tagged with "PMHF"

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
We may make changes and additions to blogs already published.

PMHFの誤解(9)

posted by sakurai on October 13, 2022 #529

故障分類フローでの検証

念のため残存フォールトとなるかどうか、過去記事でも解説した故障分類フローを用いて確認します。

図171.1
図171.1 Part 10故障分類フローチャート(再掲)

図172.1の上方の箱(k)において、

Fraction of faults that in absence of a safety mechanism have the potential to dicrectry violated the safety goal?

安全機構が無い場合、安全目標に違反する可能性のある故障の割合は?

この表現が誤解の元かもしれませんが「安全機構が無い場合」とは、安全機構が配備されていない場合ではありません。安全機構を仮に無いものとすることを示しています。実はこの箱(k)でやりたいのは主機能か、安全機構かの見極めです。

もし安全機構の配備であれば、安全目標を直接侵害せず(no potential)、全てのエレメントが安全機構と判定されてしまうので、仮に安全機構を取り除いて考えます。そうすると、主機能であれば安全機構が配備されていても、仮に無いものと考えると安全目標を直接侵害するため、下の箱(l)に移ります。

このように、先の引用(k)の"in absence of a safety mechanism"が安全機構が無い場合と間違い易いのですが、安全機構の有無を判断するのは次のひし形の箱(m)です。

Are there safety mechanisms in place to control faults for at least one failure mode of the element (yes/no)?

エレメントの少なくとも1つの故障モードに対して、故障を制御する安全機構があるか(yes/no)?

ここでは安全機構の配備の有無を聞いています。これで分かるように、もし箱(k)が安全機構の有無であって、無い場合に下のひし形の箱(m)に来たなら、再度安全機構の有無を聞くのはおかしいはずです。


左矢前のブログ 次のブログ右矢


ページ: