Posts Issued on September 20, 2022

posted by sakurai on September 20, 2022 #512

テストベンチ

テストベンチは変わりません。

Tb.bsv

import StmtFSM::*;
import Uart::*;

(* synthesize *)
module mkTb();
      Uart_ifc uart <- mkUart();

      Stmt s = seq
            delay(8);
            uart.load(8'h55);
            uart.load(8'haa);
            uart.load(8'hc3);
            uart.load(8'h3c);
            await(uart.done());
            $finish;
      endseq;
      
      mkAutoFSM(s);

endmodule

Bsimシミュレーション

Bsimシミュレーションのコマンドは次のとおりです。

$ bsc -u -sim Tb.bsv; bsc -sim -e mkTb -o Tb.exec; ./Tb.exec -V bsim.vcd; gtkwave -A bsim.vcd

以下にBsimシミュレーション結果を示します。意外なことに明示的にdone信号を書いたにも関わらず、シミュレーションのダンプの中にdone信号がありませんでした。

図%%.1
図512.1 Bsimシミュレーション波形

テストベンチ内でレジスタにuart.doneを格納するようにしたら、インタフェースにuart.doneが現れました。awaitで使用するくらいでは削除され、レジスタに取って初めて残すようです。

図%%.2
図512.2 Bsimシミュレーション波形

Verilogシミュレーション

Verilogシミュレーションにおいては、モジュール(mkUart.v)、それをドライブするテストベンチ(mkTb.v)の上位に最上位(top.v)を配備します。これはクロックやリセットを供給するモジュールですが、Bsimの場合はシステムから暗黙にクロックやリセットが供給される一方、Verilogでは供給されないためです。

top.v

`timescale 1ns/1ns
module top();
      /*AUTOREGINPUT*/
      // Beginning of automatic reg inputs (for undeclared instantiated-module inputs)
      reg      CLK;        // To mkTb_inst of mkTb.v
      reg      RST_N;        // To mkTb_inst of mkTb.v
      // End of automatics
      /*AUTOWIRE*/
      mkTb mkTb_inst(/*AUTOINST*/
      // Inputs
      .CLK    (CLK),
      .RST_N    (RST_N));

      initial begin
            RST_N = 1'b0;
            #10;
            RST_N = 1'b1;
      end
      initial begin
            CLK = 1'b0;
            forever begin
        #5 CLK = ~CLK;
            end
      end
      initial begin
            \$dumpfile("verilog.vcd");
            \$dumpvars;
      end
endmodule // top

Verilogシミュレーションのコマンドは次のとおりです。

$ bsc -u -verilog Tb.bsv; iverilog top.v mkTb.v mkUart.v -o ./mkTb.exev; ./mkTb.exev; gtkwave -A verilog.gtkw

Verilogシミュレーションのほうには当然ですが、uart.done信号が存在します。

図%%.3
図512.3 Verilogシミュレーション波形


左矢前のブログ 次のブログ右矢