Article #546

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
We may make changes and additions to blogs already published.
posted by sakurai on November 7, 2022 #546

giixの実行

新規に追加されたGiixModel GeneratorとGiixCrud Generatorのうち、まずモデルジェネレータでデータベーステーブルに対応するdocs及びcategoryの2つのモデルを作成します。モデル指定では'*'が可能であり、全てのモデルを一度に作成できます。

次に、CRUDジェネレータで今作成した2つのモデルを個々に指定し、それぞれに対してコントローラ及び関連ビューを作成します。

try it(/?r=docs)をクリックしdocsを表示します。

図%%.1
図546.1 リストビュー

図546.2のように、前稿では手修正した部分が、自動的にリレーション先のメンバで表示されています。

Create表示

次にcreate docsをクリックすると、docsのレコード入力画面になりますが、標準のgiiではcategory_idは数値を入力しなければなりませんでした。ところが、giixでは、次のようにリレーション先のメンバのドロップダウンリストの選択画面を生成してくれます。

図%%.2
図546.2 Createビュー

giixの秀逸なところは、これまでのように手修正することなしに、リレーションをたどってくれるところです。番号で入力することなく、別の配列のメンバを直接指定することができます。

また、別の表に分けないとcategory nameをひとつひとつテキスト入力する必要がありますが、分離してリレーションを張り、フォーリンキー制約を解釈できるgiixの機能により、ドロップダウンで選択するのみで良くなりました。giixを用いればCRUDの全てにおいて外部制約が自動的に解釈され、数字にはなりません。

リレーションに関してはgiixでは全く修正が不要です。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax. If you include an ad such as http://, it will be invalidated by our AI system.

Please enter the numbers as they are shown in the image above.