Article #205

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
We may make changes and additions to blogs already published.
posted by sakurai on February 20, 2020 #205

次は前回紹介した論文も参照している論文$\dagger$です。本稿ではこれを参照論文といいます。 参照論文の対象は冗長構成のEPSですが、まず一般的な完全冗長サブシステムで議論します。

図%%.1
図205.1 完全冗長サブシステム

参照論文もPMHF式を使用していません。その代わりに定量FTAのそれぞれの基事象において確率が時間変化する、つまり確率過程であることをマルコフチェインを組み合わせて解いています。図205.2に参照論文の概念図を示します。これは論文中には無く、弊社が作成したものですが、前述の言葉で説明したものを図化したものです。

図%%.2
図205.2 論文の概念図

マルコフチェインを用いる考え方は概ね正しいものの、実はマルコフチェインを用いてPMHFを求めたものが、規格のPMHF式であり(ブログ記事#102~109を参照)、PMHF式に従えばこの定期検査修理を含む確率過程を織り込んだものとなっているため、再度基事象を確率過程として捉える必要はありません。

上で概ねと書いた部分ですが、本来マルコフチェインは修理を考慮する必要があります。SM1 (1st order SM)が先に故障する場合、SM2 (2nd order SM)により定期検査を受け、故障が検出された場合は直ちにゼロ時間で修理されるのが、ISO 26262の考え方です。ということは'1'の状態から'00'状態に戻る場合が存在します。


$\dagger$ https://www.researchgate.net/publication/323450274_A_mixed_model_to_evaluate_random_hardware_failures_of_whole-redundancy_system_in_ISO_26262_based_on_fault_tree_analysis_and_Markov_chain


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax.

Please enter the letters as they are shown in the image above.
Letters are not case-sensitive.