Posts Issued on October 25, 2021

posted by sakurai on October 25, 2021 #442

BoktechにオーダーしていたV9基板が届いたので、組み立て火を入れたところ、JoystickスイッチONのタイミングで垂直同期にノイズが乗る現象が再発しました。

図442.1の上側黄色トレースが、X_RIGHT_SW信号(ボードへの入力、負論理)、下側青色トレースがVSYNC(ボードからの出力、負論理)です。スイッチのチャタリングが、本来無関係のはずの同期信号にクロストークしています。

実際にこのVSYNCのノイズにより、外付けモニタが誤動作しています。具体的には同期が乱れるため、それを自動的に検知し、一定期間ブランキングしています。

図%%.1
図442.1 オシロスコープ波形

レベコンICのVSYNCの隣接端子であるX_RIGHT_SW信号からノイズが回り込んでおり、一つ離れたX_LEFT_SW信号からの回り込みはありません。

この現象は、開発初期のV4で起きていたため、V5からスイッチ信号と同期信号を同じレベコンICに入力しないようにしていました。その後、配線に近い場所があったため、ロジカルには大丈夫だろうと、V9で同じレベコンICに入れたのですが再発しました。論理的には問題ないはずなので、あとは以下の2つ程度が考えられます。

  • チャタリング⇒レベコンICの電源・グラウンドの揺れ⇒同期信号にノイズ
  • レベコンICの内部でクロストーク

ところが、4chオシロで観測したところ、電源・グラウンドの揺れはありませんでした。従って、隣接信号のクロストークと考えられます。

以上より、信号を入れ替え、ズイッチ信号と同期信号のレベコンICを別々に変更しました。これをV10とします。V10の基板図を図442.2及び3に示します。

図%%.2
図442.2 Ultra96toPMODV10ボード基板図(表面)

図%%.3
図442.3 Ultra96toPMODV10ボード基板図(裏面)


左矢前のブログ 次のブログ右矢