Posts Issued on September 11, 2020

posted by sakurai on September 11, 2020 #314

「ISO 26262第2版解説書」(日本規格協会)のPMHF式の続きです。再度解説書の式を検討します。

パターン1

図314.1は、第1版にも存在した、パターン1=「安全機構、意図した機能の順でフォールトが発生する場合で安全機構のフォールトが検出されない場合」です。

図%%.1
図314.1 パターン1

この式において、中カッコの中の意味を考えてみると、

$$ \left(1-\int_0^t f_\text{IF}(t')dt'\right)\int_t^{T_\text{lifetime}}f_\text{IF,DPF}(t')dt' $$ のようで、意味としては、$0$から$t$までフォールトが起きていない、かつ$t$から$T_\text{lifetime}$の間でフォールトが起きた場合のようです。しかしながら、事象が独立な場合しか確率の積がとれないのに、両者は独立事象ではないため、誤りです。


左矢前のブログ 次のブログ右矢