Article #394

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
We may make changes and additions to blogs already published.

BSVによるUARTの設計(4)

posted by sakurai on May 3, 2021 #394

トップモジュールの修正

同様にC-c C-aを実行することにより、トップモジュールを修正します。クロックとリセットのレジスタが生成され、呼び出すモジュールのクロックとリセットにそれぞれ接続されます。以下にソースの変化点だけを示します。

top.v

`timescale 1ns/1ns
module top();
   /*AUTOREGINPUT*/
   // Beginning of automatic reg inputs (for undeclared instantiated-module inputs)
   reg                      CLK;                    // To mkTb_inst of mkTb.v
   reg                      RST_N;                  // To mkTb_inst of mkTb.v
   // End of automatics
   /*AUTOWIRE*/
   mkTb mkTb_inst(/*AUTOINST*/
              // Inputs
              .CLK                  (CLK),
              .RST_N                (RST_N));

左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax. If you include an ad such as http://, it will be invalidated by our AI system.

Please enter the numbers as they are shown in the image above.