Article #199

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
Even in the already published blog, we may modify and add appropriately.
posted by sakurai on February 4, 2020

プレスリリースで案内のとおり、去る1月27日から4日間、米国カリフォルニア州パームスプリングスで開催された、RAMS2020において、PMHF(Probabilistic Metric for random Hardware Failures)に関する論文を発表しました。RAMS2020(The 66th Annual Reliability & Maintainability Symposium)は、IEEE RS(Reliability Society)が主催する、信頼性工学に関する世界最高レベルの国際学会です。

発表の内容は、IF(Intended Function)及びSM(Safety Mechanism)から構成されるサブシステムにおいて、IFがISO 26262第1版に対応する非修理可能なモデルと、第2版に対応する修理可能なモデルの2つを考案し、それに基づいたPMHF式を導出し、第1版とは一致、第2版とは不一致となることを示しました。次に第2版との不一致について、規格第2版のPMHFの過小評価と、EOTTI(Emergency Operation Tolerance Time)の過大評価を計算し、規格第2版は31倍もの過剰な設計制約となっていることを明らかにしたものです。

下の写真の向かって右はRAMS2020のGeneral ChairであるDr. Julio Pulidoです。

図%%.1
図199.1 RAMS2020にて

下の写真の左上はColloquim Session ChairであるJess Leszczynskiと、右上はPaper Session ChairであるDongmei Chenと、右下はProgram Committee ChairであるOm Yadavとの写真です。

図%%.2
図199.2 RAMS2020にて


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax.

Please enter the letters as they are shown in the image above.
Letters are not case-sensitive.