Posts Tagged with "Design"

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
We may make changes and additions to blogs already published.
posted by sakurai on December 3, 2022 #562

BSVのFIFO調査

BSVにおいて、パイプラインレジスタとしてFIFOを使用できるか調査します。まず、PCパイプラインを設計します。

  import FIFO::*;

  (* synthesize *)
  module mkTb (Empty);

     Reg#(int) pc    <- mkReg(0);
     FIFO#(int) ifs    <- mkFIFO;
     FIFO#(int) ids    <- mkFIFO;
     FIFO#(int) exs    <- mkFIFO;
     FIFO#(int) mas    <- mkFIFO;
     FIFO#(int) wbs    <- mkFIFO;

     // <PC>
     rule pc_stage;
        if (pc > 100) $finish(0);
        $display("------");
        ifs.enq(pc);
        pc <= pc + 4;
     endrule

     // <IF>
     rule if_stage;
        let pc_if = ifs.first; ifs.deq;
        $display (" pc_if = %04h", pc_if);
        ids.enq (pc_if);
     endrule

     // <ID>
     rule id_stage;
        let pc_id = ids.first; ids.deq;
        $display (" pc_id = %04h", pc_id);
        exs.enq (pc_id);
     endrule

     // <EX>
     rule ex_stage;
        let pc_ex = exs.first; exs.deq;
        $display (" pc_ex = %04h", pc_ex);
        mas.enq (pc_ex);
     endrule

     // <MA>
     rule ma_stage;
        let pc_ma = mas.first; mas.deq;
        $display (" pc_ma = %04h", pc_ma);
        wbs.enq (pc_ma);
     endrule

     // <WB>
     rule wb_stage;
        let pc_wb = wbs.first; wbs.deq;
        $display (" pc_wb = %04h", pc_wb);
     endrule

  endmodule: mkTb

ここで、<PC>は入力レジスタは無いため、ここではFIFOは使用しません(が、後で検討します)。単にPCレジスタを設置するだけです。これは<PC>(PCステージ)のPCということになります。通常はPC<=PC+4ですが、分岐時等ではオフセットが足されます。

各ステージでは、入力されたPCをデキューし、表示し、サイクルの終わりで次のステージにそのPCをエンキューします。

図%-%.1
図562.1 FIFOのDequeuとEnqueueの関係

従って、同一サイクルでエンキューしたものをデキューする(バイパス、パススルー)ことはできません。

左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on December 2, 2022 #561

画面の縦横の入れ替えの変更

過去記事において、本来VRAMの読み出しアドレスのxとyを入れ替えるつもりが、たまたま書き込み側のアドレスマルチプレクサが目につき、それを流用しました。が、動作的にあまり良くありませんでした。具体的には、画面書き換えの途中で切り替えると、縦図形と横図形が混在したり、初期画面を動的に準備する負担が大きくなっていました。

これを本来の読み出し側アドレススイッチの増設に変更します。書き込みアドレスマルチプレクサは名前をWriteMuxに変更しましたが、元の単なるセレクタに戻しました。新たにReadMuxモジュールを設置し、読み出し側アドレスのxとyを入れ替えます。実際にはyはx(a[7:0])をそのまま用い、xはy(a[15:8])を256から引いたものを用います。

$$ \begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} x&\Leftarrow&256-y \\ y&\Leftarrow&x \end{array} \right. \end{eqnarray} $$

図561.1に改造後のブロック図を示します。

図%%.1
図561.1 VRAMモジュール

以下にBSVソースを示します。処理は書き込み側で実施した入れ替えとほとんど同様です。

ReadMux.bsv:

  typedef Bit#(16) Addr_t;

  interface ReadMux_ifc;
     (* prefix="" *)
     method Addr_t outp(Bool sel, Addr_t a);
  endinterface

  (* synthesize, always_ready = "outp", no_default_clock, no_default_reset *)
  module mkReadMux(ReadMux_ifc);

     method Addr_t outp(Bool sel, Addr_t a);
        Bit#(8) xa = a[7:0];
        Int#(10) yax = 256 - signExtend(unpack(a[15:8]));
        Bit#(8) ya = truncate(pack(yax));

        if (sel) return {xa, ya};
        else return a; // normal state
     endmethod

  endmodule

この変更により、ボード上のdip swを切り替えることで、リアルタイムに画面の縦横変換ができるようになりました。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on December 1, 2022 #560

show_fields.blade.phpの修正

後半のビューの修正です。showアクションの2次ビューであるshow_field.blade.phpを修正します。修正前はcategory_idは数字になっています。

      <p>{{ $doc->category_id }}</p>

このビューの画面表示です。

図%%.1
図560.1 showアクション初期画面

これを次のように修正します。indexアクションと同様の修正であり、categoryを全て集めておき、category_idにより表を引きます。

      <p>{{ $categories[$doc->category_id] }}</p>

このビューの画面表示です。

図%%.2
図560.2 showアクション修正後画面

これによりlaravelのスキャフォールディング修正は全て完了しました。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on November 30, 2022 #559

DocController show()の修正

最後にshow()の修正です。前半がコントローラの修正、後半がビューの修正です。

まずコントローラの標準に生成されたコードは、

    public function show($id)
    {
        
$doc $this->docRepository->find($id);
        if (empty(
$doc)) {
            
Flash::error('Doc not found');
            return 
redirect(route('docs.index'));
        }
        return 
view('docs.show')->with('doc'$doc);
    }

ですが、これを次のように2行修正します。

      public function show($id)
      {
          
$doc $this->docRepository->find($id);
          
$categories Category::all()->pluck('name','id');
          if (empty(
$doc)) {
              
Flash::error('Doc not found');
              return 
redirect(route('docs.index'));
          }
          return view('docs.show'compact('doc''categories'));
      }

リレーション先のメンバを全て集めてビューに渡しています。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on November 29, 2022 #558

field.blade.phpの修正

後半のビューの修正です。fieldビューは、createアクションとeditアクションの2次ビューでありファイルはfield.blade.phpです。以下に修正する行を示します。

      {!! Form::number('category_id'null, ['class' => 'form-control']) !!}

このビューの画面表示です。

図%%.1
図558.1 createアクション初期画面

標準で生成されたコードでは、図558.1のとおりcategory_idとして数字を入力するフォームが生成されますが、これを次のように修正します。

      {!! Form::select('category_id'$categoriesnull, ['class'=>'form-control']) !!}

このビューの画面表示です。Form::selectによりdropDownListのフォームが生成されます。

図%%.2
図558.2 createアクション修正後画面

ビューが共通であるため、editアクションも同様な画面表示となります。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on November 28, 2022 #557

DocController edit()の修正

app/Http/Controllers/DocController.php内のeditアクションの修正です。同じく前半がコントローラの修正、後半がビューの修正です。

標準ではコントローラのコードは、

      public function edit($id)
      {
          
$doc $this->docRepository->find($id);
          if (empty(
$doc)) {
              
Flash::error('Doc not found');
              return 
redirect(route('docs.index'));
          }
          return 
view('docs.edit')->with('doc'$doc);
      }

と生成されますが、これを次のように修正します。

      public function edit($id)
      {
          
$doc $this->docRepository->find($id);
          
$categories Category::all()->pluck('name','id');
          if (empty(
$doc)) {
              
Flash::error('Doc not found');
              return 
redirect(route('docs.index'));
          }
          return 
view('docs.edit'compact('doc''categories'));
      }

'doc'と'categories'という2つの変数をedit1次ビューに渡します。実際の作業は2次ビューであるfieldが実行します。

DocController create()の修正

引き続きcreateアクションの修正を行います。editもcreateもビューは同じなので、併せて前半のコントローラの修正を行います。

標準ではコントローラのコードは

      public function create()
      {
         return 
view('docs.create');
      }

と生成されますが、これを次のように修正します。先に示したようにeditアクションとビューを兼用しているため、$idをダミーで渡します。

      public function create()
      {
         
$doc null;

         $categories Category::all()->pluck('name','id');
         return view('docs.create',compact('doc','categories'));
      }

editアクションと同様、、'doc'と'categories'という2つの変数をcreate1次ビューに渡します。実際の作業は2次ビューであるfieldが実行します。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on November 25, 2022 #556

table.blade.phpの修正

次に後半のビューの修正を行います。修正するファイルはindex()アクションの2次ビューであり、ファイルはtable.blade.phpです。修正する行は以下の2行です。

        <th>Category Id</th>
       :
            <
td>{{ $doc->category_id ;}}</td>

このビューの修正する前の画面表示です。

図%%.1
図556.1 indexアクション初期画面

図556.1ではCategory idが数字となっていますが、これを次のように修正します。

        <th>Category</th>
       :
            <
td>{{ $categories[$doc->category_id] }}</td>

このビューの画面表示です。図556.2のようにcategoryが名称に変化しました。

図%%.2
図556.2 indexアクション修正後画面


左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on November 24, 2022 #555

DocController index()の修正

yiiと異なり、外部テーブルを認識できないため、コントローラの修正も必要になってきます。前半がコントローラの修正、後半がビューの修正となります。

前半のコントローラの修正としてapp/Http/Controllers/DocController.php内のindexアクションの修正を行います。

    public function index(Request $request)
    {
        
$docs $this->docRepository->all();
        return 
view('docs.index')
            ->
with('docs'$docs);
    }

となっているところを修正します。

まずモデルの定義が必要です。

use App\Models\Category;

次に外部テーブルの要素が必要なので、categoriesに要素を全部集めてビューに渡します。

    public function index(Request $request)
    {
        
$docs $this->docRepository->all();
        
$categories Category::all()->pluck('name','id');
        return 
view('docs.index',compact('docs','categories'));
    }

ここでpluck()compact()の説明をします。pluck()は、all()で集めたモデルのオブジェクトの集合に対して、シンプルに'id'をキーにした'name'をバリューとするarrayを作成するメソッドです。

次に、compact()は例えば'doc'という変数名をキーにしてdocオブジェクトをバリューとするarrayを作成します。この場合は'doc'と'categories'という2つの変数をビューに渡します。このビューへの変数を渡す手法はyiiと全く同じです。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on November 21, 2022 #554

リレーション定義

コードを見ると、app/Models/Category.phpにおいては、

    public function docs()
    {
        return 
$this->hasMany(AppModelsDoc::class, 'category_id');
    }

これは、A category has many docsと読みます。1対nの関係です。また、app/Models/Doc.phpでは、

    public function category()
    {
        return 
$this->belongsTo(AppModelsCategory::class, 'category_id');
    }

とあり、これはA doc belongs to a categoryと読みます。n対1の関係です。

リレーションを辿る方法

yiiのように、ドット記述だけでリレーションを辿るようなうまい方法はなさそうですが、

$doc->category_id

のようにインデックス値は得られるので、$categories配列に全てのメンバを集めるというひと手間かけた上で

$categories[$doc->category_id]

のように表を引いて名前への変換を行います。

コントローラ、ビューの対応表

以下に画面、コントローラ中のアクション、ビューの対応表を示します。これに従い、それぞれのアクション及びビューを修正します。コントローラはapp/Http/Controllers/DocController.phpであり、ビューは全て、resources/views/docs/の下にあります。修正はコントローラとビューの両方について行います。

表554.1 画面、アクション、ビューの対応表
アイコン コントローラ内
メソッド(アクション)
1次ビューファイル
(黄色がアクションに対応)
2次ビューファイル
一覧表示 index() index.blade.php table.blade.php
fig554-1.png create() create.blade.php fields.blade.php
fig554-2.png show() show.blade.php show_fields.blade.php
fig554-3.png edit() edit.blade.php fields.blade.php


左矢前のブログ 次のブログ右矢

posted by sakurai on November 17, 2022 #553

スキャフォールディング画面

図553.1に初期画面を示します。これはCategoryテーブルを選択したところです。

図%%.1
図553.1 Categoryの初期表示

右上のブルーのAdd Newをクリックし、データを3件入力します。

図%%.2
図553.2 Categoryのデータ表示

同様にDocテーブルを入力します。yii2と同様、標準では外部参照表を認識してくれず、Category idは数字となっています。

図%%.3
図553.3 Docのデータ表示


左矢前のブログ 次のブログ右矢


ページ: