Article #89

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
Even in the already published blog, we may modify and add appropriately.

FPGAで機械学習(3)

posted by sakurai on February 25, 2019

ブート

Ultra96にはMiniDPケーブル経由でディスプレイを接続し、またUSB経由でキーボードとマウスを接続しておきます。前回焼きこんだSDカードをUltra96に差し込み、電源を入れ、リセットスイッチを押すとLinuxがブートします。

ライブラリインストール

プログラムを展開します。文字が小さくて見づらかったのですが、なんとかターミナルを立ち上げられました。

root@ultra96:~# cd /home/linaro/
root@ultra96:/home/linaro# tar xvzf xlnx_dnndk_2.08_1901.tar.gz

これにより各種プログラムが展開されます。次にUltra96のディレクトリに移り、

root@ultra96:/home/linaro# cd xilinx_dnndk_v2.08/Ultra96
root@ultra96:/home/linaro/xilinx_dnndk_v2.08/Ultra96# bash install.sh Ultra96

により、必要なDNNライブラリをインストールします。ここで評価ボードの再起動が必要となります。

コンパイル&ラン

各種デモプログラムはコンパイルしてランするだけで全て動作しました。

図89.1
図89.1 ADAS認識デモ(SSD)

静止画の画像認識はResnet50やMobileNetを用いており、それぞれ25FPS、116FPSとかなり性能差があります。 また動画の画像認識は、face detectionはDenseBox、adas_detectionはYOLO-V3、video analisysはSSDを用いていることがわかりました。以下の性能表によればそれぞれ133FPS、30FPS、33FPSとなっています。ほぼリアルタイムで認識していることがわかります。

図89.2
図89.2 各デモの性能

認識ソフトウェアは、様々な動画フォーマットに対応しており、調べた限りではMOV, AVI, MP4に対して動作しました。また、解像度も柔軟に対応しています。ただしFPSは解像度により上下するため、比較する際には解像度を合わせないと、正しいネットワーク性能比較になりません。例えばデモ動画では、adas_detectionの動画は512x256の15FPS(640kbps)、video_analisysの動画は480x360の12FPS(954kbps)と微妙に異なっています。

認識率に関しては、YOLO-3はあまり問題を感じませんでしたが、SSDはかなりfalse positiveがあり、(バグかもしれません)このままでは使用できないと感じました。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax.

Please enter the letters as they are shown in the image above.
Letters are not case-sensitive.