Article #156

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
Even in the already published blog, we may modify and add appropriately.

FM7 ROM吸出し器の製作

posted by sakurai on August 24, 2019

設計編はこちらです。

FusionPCBからベースボードが届きました。今回はベンダによる部品実装は無しで、2層ボードのみの製造なので4.9 USD+配送料と、格安です。 今回は製造に6.85日、DHLによる配送に3.34日かかりました。

図%%.1
図156.1 FM7ROM吸出しベースボード

ベースボードとArduino Mega 2560 Proボード及び40pinコネクタの写真です。この他に動作確認用のLED及びそのドライバTr、抵抗があります。

費用は配送料別で、Arduino Mega 2650 Proが975円、基板が上記のように522円、コネクタが(写真のコネクタではなく、純正のFCN-365P040-AU)が743円、合計2,240円でした。この他に配送料が若干かかっていますが、2つの目的である、

  • FM7側にソフトウェアを置かないこと(FM7側にはファイルシステムが無いため管理できない)
  • 価格が安いこと

が達成できました。

図%%.2
図156.2 部品一式

組み立てました。動作確認をするため、基本動作に無関係なLED等は未実装としています。

図%%.3
図156.3 FM7 ROM吸出し器


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax.

Please enter the letters as they are shown in the image above.
Letters are not case-sensitive.