Article #153

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
Even in the already published blog, we may modify and add appropriately.

6809の割込み動作(6)

posted by sakurai on August 21, 2019

次にFIRQを実装します。同様にFフラグセット、クリア論理を入れましたが、割込みハンドラまでは正しく動作するものの、RTI命令の実行時にスタックを過剰に回復しています。積んだ以上に回復するという、いわゆるスタックアンダーフローを起こしてしまいます。

図%%.1
図153.1 割込みタイムチャート

まず、FIRQの動作を見てみると図153.2のようになります。Eフラグをクリアしてからpushすると書かれていますが、クリアされずXとなっています。

図%%.2
図153.2 FIRQの動作

次に、RTIの動作を見てみると図153.2のようになります。Eフラグは0であるべきなので、スタックからはCCR及びPCのみが回復されるはずです。が、タイムチャートではさらに他のレジスタも回復しているようです。

図%%.3
図153.3 RTIの動作

この誤動作の原因は、CCR[7]のEフラグが不定となっていることです。従って、図153.2にあるとおり、例外処理中でEフラグをクリアする処理を入れれば動作するはずです。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax.

Please enter the letters as they are shown in the image above.
Letters are not case-sensitive.