Article #150

既に発行済みのブログであっても適宜修正・追加することがあります。
Even in the already published blog, we may modify and add appropriately.

6809の割込み動作(3)

posted by sakurai on August 16, 2019

調査の結果、割込み後のIRQマスクをCCRに全く反映していませんでした。ちなみに、CCRの仕様は6809マイコン・システム設計作法によれば、以下の図のようになっています。

図%%.1
図150.1 CCR

これだと動作が分からないのですが、その次に以下のような説明があります。

図%%.2
図150.2 Iフラグの説明

ついでにEフラグの説明も載せておきます。

図%%.3
図150.3 Eフラグの説明

Verilogソースコードを見ると、CCRのうち、Iフラグは全く設定されていないようですが、EフラグはIRQ割込みの際にセットされていたので、とりあえず、Eフラグを立てるタイミングでIフラグにコピーしました。本来は割込みの種類によりIフラグとFフラグのセット仕分けをしなければなりません。

ところが、タイムチャートのようにIフラグをセットしたので、これで正常動作するかと思ったのですが、動作は変わりません。Iフラグは参照もされていないようです。つまり、このIPの割込みは全く動作しないということができます。


左矢前のブログ 次のブログ右矢

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may use Markdown syntax.

Please enter the letters as they are shown in the image above.
Letters are not case-sensitive.