Posts Issued on May 28, 2020

FM-7 ROM吸出し器の改版(10)

posted by sakurai on May 28, 2020 #265

実験&PICプログラムの修正

組み立てたボードを図265.1に示します。

図%%.1
図265.1 FM-7 ROM抜出し器改版

実験したところ、リフレッシュがかかりっぱなし("L")となってしまいました。これはPICから出力する*REFCKが常にONになっていたためでした。本来はZ80W==Lの時のみ出力するようなトライステート制御を行う必要があります。PICにはトライステート出力は無いので、Z80W==Hの時に入力、Z80W==Lの時に出力とします。割込みハンドラを、この方向制御で挟むことにより次のように修正します。
void TMR2_DefaultInterruptHandler(void){
    if (Z80W_GetValue() == 0) {
        XREFCK_SetDigitalOutput();
        XREFCK_SetHigh();
        RFREQ_SetHigh();
        while (RFGNT_GetValue() == 0);
        XREFCK_SetLow();  XREFCK_SetHigh();
        XREFCK_SetLow();  XREFCK_SetHigh();
        XREFCK_SetLow();  XREFCK_SetHigh();
        XREFCK_SetLow();  XREFCK_SetHigh();
        RFREQ_SetLow();
        XREFCK_SetDigitalInput();
    }
}

実験

62.5 usecに4発のリフレッシュを実験しました。リフレッシュ期間は3.8 usecであったので、Arduinoに割込みをかけた場合はほとんどの時間がリフレッシュであったのに比べて、PICによるリフレッシュ時間の割合は6%に激減しました。

さらに125 usecに8発を試してみます。図265.2、3にその場合のリフレッシュの波形を示します。PICを用いることで125 usec(8発)ではリフレッシュの割合を4.6%まで下げる事ができました。

図%%.2
図265.2 複数回のリフレッシュ(上:*REFCK、下:RFREQ)

図265.2より、青色線で示されるRFREQの周期は125 usであることが読み取れます。このRFREQのH幅が5.8 usecであることから、オーバヘッドは4.6%となります。

図%%.3
図265.3 1回のリフレッシュ(上:*REFCK、下:RFREQ)

図265.3上より黄色線で示される*REFCKが8発観測されます。負のパルス幅は約240 nsであり、タイミング規格を満足しています。ArduinoとのDRAMアクセス競合が起きている場合に、RFREQが時々伸びていることが分かります。

結論

実験結果としては、熱はかけていないものの、180 secまでノーエラーで経過しており、リフレッシュ回路は問題ないものと判断します。


左矢前のブログ 次のブログ右矢