ISO 26262 2nd Editionでどこが変わったか?

新セミナー登場!

2011年にISO 26262の第1版が発効して以来、7年が経過した2018年暮にISO 26262の第2版が発効しました。基本的な思想は同様であるものの、7年間の時間経過のうちで不都合なところが修正され、説明不足の部分の追加が行われています。大きなインパクトがある点としては、PMHF式が変更されています。

本セミナーでは主にPart 5, 10, 11のハードウェア、特に故障率に関連する部分について、1st Editionからの変更分及び追加分についてその内容を説明します。本セミナーは1st Editionからの変更分が対象ですので、1st Editionの内容を理解されている方を前提としています。1st Editionの理解に関しては下記「使えるセミナー」をご参照ください。

  • Part 5の変更点
    • 8.4.7 アーキテクチャメトリクスの分割
      ★ハードウェア目標値として弊社が特に注力している部分ですので、SPFM/LFMF式の意味まで詳細にご説明致します。
    • 1st Edition Annex Fの廃止
    • 2nd Edition Annex Fの新設
    • 2nd Edition Annex Gの新設
    • 2nd Edition Annex Hの新設
  • Part 10の変更点
    • 4.4 FTTI
    • 8.3.1 マイコンの取扱
    • 8.3.2 PMHF式の変更
      ★ハードウェア目標値として弊社が特に注力している部分ですので、PMHF式の意味まで詳細にご説明致します。
    • 12 システム開発のガイダンス
    • 13 ソフトウェアツール(対象外)
    • 14 安全関連特別特性(対象外)
    • Annex A マイコン安全分析詳細
  • Part 11の新設
    • IP
    • DFA
    • デジタル部品
    • アナログ部品
    • PLD
    • マルチコア
    • センサ・トランスデューサ

「使える」ISO 26262ハードウェアセミナー

ISO 26262はPart2, Part3のような安全計画や安全コンセプトにからむところからPart5のハードウェア設計、さらにはPart10のマイコンの取扱いまで広範に渡ります。

本セミナーでは主にPart5、Part10を中心に、ランダムハードウェア故障について、初歩から解説します。まず用語の説明と故障分類については基礎ですので、教材を用いてしっかり学習します。 次に具体的な回路例を用いて安全機構を分離解析し、 FMEA を行います。その後 アーキテクチャメトリクス を説明し、実際に計算演習を行います。

2日目は故障率計算の数学的な基礎を学び、PMHF理論的な背景を理解します。演習を実施し、実際に手を動かすことで、分かった気にならないように、理解の抜け漏れを抑えます。

規格の記述に表れているのはいわば氷山の一角であり、規格の字面のみを読んでも理解は困難なので、本セミナーでは規格の背景までお伝えし、実際に使えるようになるまで理解を深めます。

2日間コース講習内容

初級コース

  • 初日午前
    • ISO 26262の概要
    • 用語の定義
    • 故障の種類
    • フォールト分類フロー
    • 各種安全機構
    • 設計プロセス
    • 要求とは
    • ASILデコンポジション
    • 共存の基準
  • 初日午後
    • 故障率の根拠
    • 信頼水準
    • アーキテクチャメトリクス(DCLS)演習
中上級コース
  • 2日午前
    • 初日の復習
    • IEC 62380, 61709
    • FMEDA
    • 定量FTA
  • 2日午後
    • 信頼性工学の基礎
    • PMHFとは
    • PMHF計算演習

教材

kyouzai

セミナー教材は「ISO 26262ハードウェアセミナー」テキストと「故障分類フローチャート」用紙です。セミナーに付属しますが、セミナー受講済みのお客様で追加分が必要な場合はお問い合わせください。

  • ISO 26262ハードウェアセミナー8,000円(税別)
  • 故障分類フローチャート2,000円(税別)

レベル

初級コース:
全く初めてISO 26262規格を読まれる方からベテランの方までをカバーしています。またレベルに合せたカスタマイズも可能です。例えば新人教育のアウトソース等を実施致します。

新人向けの内容の一部をご紹介致しますと、ハードウェアに関して最も重要な点が故障率計算ですが、そのスタートとなるのが故障分類とそのフローチャートです。このフローチャートはかなり分かり難いので、なぜ分かり難いかの原因を3つ上げ解説し、しっかりとした理解に繋げます。

中上級コース:
中・上級者向けに2日目は信頼性工学について学習します。信頼度、不信頼度、故障率等の一般的な話から、PMHFを導出するための確率論、確率積分、マルコフ状態遷移を学習します。PMHF導出の中心となるのが不稼働度やダウン率ですので、それらについて理解を深めます。

開催場所

弊社名古屋オフィス(会社住所
4名以上であればお客様サイトでの開催も可能です。ぜひお問い合わせください。

時間

10:00〜17:00(昼休憩1時間含む) × 2日間

サンプルスライド

セミナー資料の一部をご紹介致します。セミナー2日コースの中上級編、故障率計算の数学的基礎及びM_PMHFの導出の部分です。ご覧頂くためにはInternet Explolerを用いてJava Appletを有効にする必要があります。画面のクリックでスタート・ストップします。<j>キーは順方向、<k>キーは逆方向にページを送ります。

また、セミナー資料は技術文書のページに登録されていますので、パスワードをフォームにてお問い合わせください。ただしこれらサンプルであり、フル版はセミナー内でご紹介致します。

料金と契約

ISO 26262ハードウェアセミナー基本料金(お問い合わせください)