マイコンとISO 26262のエキスパート

signature

ご挨拶を兼ねまして、弊社の特長と創業理念について述べさせていただきます。

特長は業界でも数少ない、ISO 26262(ハードウェア)とマイコンの両方のエキスパートであること。

弊社代表は電機メーカー半導体部門で車載マイコンについて、ISO 26262機能安全規格への対応を主導してきました。 その際、機能安全コンサルティング会社やアセッサー会社といえども、機能安全規格とそれに対応するマイコンの安全対策の両方を指導するエキスパートは国内にほとんど居ないことを痛感しました。 その経験に基づき、車載ECUをISO 26262へ適合させるプロセスにおいて、設計者目線からお手伝いをさせて頂きたいと強く思い、創業致しました。

弊社代表はマイコン設計歴は30年を超え、また対外的にはJasPar機能安全マイコンWG委員を始め、ISO 26262制定国際機関の委員を歴任致しました。また、機能安全のみならず、車載ECU設計についてもEPS、BCM、ADASのアルゴリズムの知識を有しております。

弊社のノウハウがお客様のECU開発の一助となれば、これに勝る喜びはありません。
FSマイクロ株式会社
代表取締役社長
signature
(2013年8月にボートライセンススクールで撮影)

代表者所属学会

IEEE PSES(Product Safety Engineering Society)、IEEE RS(Reliability Society)、The International System Safety Society、Saphire Users Group、RISC-V Foundation、自動車技術会、計測自動制御学会、日本信頼性学会、安全工学会(順不同)

リンクドイン

https://www.linkedin.com/in/sakurai-atsushi-84692111b/

代表者職務経歴

  • 1982年大手電機メーカー入社、同社半導体部門で8bitパソコンの設計に従事
  • 1986年 同社半導体部門で32bitRISCマイコンアーキテクチャ設計業務に従事
  • 1992年 同社半導体部門で128bitVLIWプロセッサ論理設計業務に従事
  • 1996年 同社半導体部門で64bitメディアプロセッサアーキテクチャ設計及びレイアウト設計に従事
  • 1998年 同社半導体部門で64bitVLIWプロセッサアーキテクチャ設計業務に従事
  • 2001年 同社半導体部門でARMマイコン開発業務に従事
    (この間にサポートのためLAMP/ Yii技術を習得し、webアプリケーションの開発を行なう。
  • 2007年 同社半導体部門で32bit車載マイコン開発リーダに就任
  • 2009年 同社半導体部門で機能安全管理統括責任者(ISO 26262セーフティマネージャ)に就任、同社次期車載DCLS MCUのアーキテクチャを決定
    この間に社内機能安全講師、また対外的にはJasPar機能安全マイコンWG委員、自動車技術会機能安全半導体小委員会委員、ISO/TC22/SC3/WG16半導体SWG委員等を歴任、ISO委員会ではEdition2に向けてフェイルオペレーショナル等の議論に参加
  • 2013年 8月 FSマイクロ株式会社創業
  • 2014年 11月 Tier1様BCMシステムに関するコンサルティング業務に従事
  • 2017年 5月 Tier1様車載DCDCコンバータに関するコンサルティング業務に従事
  • 2017年 5月 サンノゼにおけるIEEE国際学会ISPCE2017でランダムハードウェア故障率に関する論文が最優秀論文賞を受賞
  • 2018年 3月 Tier1様セントラルゲートウェーに関するコンサルティング業務に従事
  • 2018年 4月 Tier1様ADAシステムに関するコンサルティング業務に従事
  • 2018年 6月 IEEE senior memberに昇格
  • 2018年 7月 OEM様ADAシステムに関するコンサルティング業務に従事