最近の自動車には多量の電子機器(ECU)が搭載されています。 ナビゲーションのように目に見えるものから、エンジン制御ECUのように隠れて見えないものまで。
言うまでもなくECUの部品の中心はマイクロコンピュータ(マイコン)等の半導体ですが、半導体は故障しやすいにもかかわらず、その数は増加する一方です。 そのため半導体の信頼性をより一層向上させなければなりませんが、18か月で倍増していくトランジスタに対して 、それを上回るスピードで信頼性を向上させ続けるのはかなり困難です。 そこで、トランジスタ等の要素についての信頼性を向上させるのではなく、システム的に信頼性を高める手段である「機能安全」(⇒Wikipedia)の考えかたが主流になってきました。
この流れを受け、2011年11月には車載電子機器向けの国際的な機能安全規格であるISO 26262(⇒Wikipedia)が制定されました。これ以降に開発されるECUは全てISO 26262に適合する必要があります。 最近ではISO 26262アセッサー(監査員)等によるセミナーが開催されていますが、参加されたお客様から「規格はなんとなく分かったが、じゃあどう設計するのか?」という声を聞くこともしばしばあります。
FSマイクロは、この現場とのギャップを解決するための、マイコン機能安全のエキスパートとしては国内唯一の会社です。FSマイクロは、ISO規格側からでなく設計者の視線から、お客様の開発されるECUをISO 26262に適合させるお手伝いを致します。トレーニングやセミナーの内容はここから御覧下さい。

ニュース

  • 2019年6月4日   ブログの更新  
    「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算」、「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算(2)」、「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算(3)」、「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算(4)」を非開示とし、「1st Editionと2nd Editionの前提の違いによるPMHFの違い」を非開示理由と共に掲載しました。
  • 2019年6月2日   ブログの更新  
    「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算(4)」を掲載しました。タイトルは5/30と同じですが、内容は新規です。
  • 2019年6月2日   ブログの更新  
    「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算(4)」⇒「同(3)」、「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算(3)」⇒「同(2)」、「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算(2)」⇒「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算」、「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算」⇒「連続時間マルコフ連鎖とPMHF式の導出」に改題し、内容を入れ替えました。
  • 2019年5月30日   ブログの更新  
    「$M_{\mathrm{PMHF}}$の計算(4)」を掲載しました。