解説

#10から開始したPMHFの導出ですが、#34でIEEE学会最優秀論文賞という一応の成果をみました。しかしながら、さらに研究が必要と感じ、連続時間マルコフ連鎖を用いて再度導出したものが、#102〜#108の記事です。

このタイミングでIEEE学会であるRAMSに投稿したため、主な部分は暫定非公開となっています。さらに簡便法を考えて同じ式を導出したものが#127〜#128ですが、前提として#102〜#108を理解していないと理解が難しいかもしれません。